移転先について

with コメントはまだありません

前々からこのサイトをHP(HomePage)とブログに分け、別々のサイトとして分割して移転することを示唆しておりましたが、

ようやく目処が立ちましたので、お知らせいたします。

 

新HPについて

まず、新HPですが、これまでお知らせしたとおりGitHub Pagesで運用する方向で検討を進めております。

GitHub Pagesでは無料で今まで通り独自ドメインが利用できますし、SSL対応、そして広告無しといった利点があります。

問題点としては、静的サイトしか扱えない(=WordPressのようなDBを扱う動的サイトは不可能)こと、

ソースファイルやその他すべての資源(画像やJavaScript、設定ファイルなど)をリポジトリで公開しなければならないことですが、

HPとして使う分には困ることはないでしょう。HTMLやJavaScriptの練習にもなります。

実は既にサイトの構築は進んでおります。まだ作成中ですが、ある程度できたら近日公開する予定です。

 

新ブログについて

こちらは当初はWordPressを使い続ける方向でお知らせしておりましたが、気が変わりました。

こちらも新HPと同じくGitHub Pagesで運用しようと思います。

 

静的サイトでブログ運用、となると更新のたびに記事をHTMLで書いて、トップページを更新して…

なんて面倒なことを想像していたんですが、静的サイトでも十分ブログを簡単に運用できる仕組みがありました。Jekyllというものです。

JekyllはRubyで作成されていて、Markdownで記事を書くことが可能です。

提供されるページは静的サイトではあるものの、公開時に予め記事ファイルをコンパイルを行うことで簡単にブログを更新できます。

記事のページもテンプレートに合わせて自動で作成してくれて、トップページの記事一覧にも自動で反映してくれます。

 

GitHub PagesはJekyllに公式に対応しており、MarkDownで記事を書いて、それをリモートリポジトリにpushすることで、自動的にGitHubのサーバー上で

コンパイルしてくれるんですね。コンパイルに失敗したら通知もしてくれます。とても便利です。

 

ブログをGitHub Pagesで運用するメリットとしては、先程挙げたSSLや広告なしなどに加え、

新HPと同じ独自ドメイン(のサブドメイン)で運用できる点があります。

DNS設定を弄れば一つの独自ドメインでサブドメインごとに別々のサーバーに割り当てることもできるんですが、

それに対応してくれるレンタルサーバーって大体お高いんですよね。趣味でやってるうちは、なるべく安く済ましておきたいかなと思います。

 

それでは。

Leave a Reply