C++版Cities BoxにもBGMの実装を開始しました

with コメントはまだありません

そういえばいつの間にか10万アクセス超えていたんですね。いつもありがとうございます。

正確にいえば、フッターのカウントはサイトを移転してから3ヶ月ほど経ってから設置したので、

実際のアクセス数はもうちょっといってると思います。

 

さて今日は半年ぶりの進捗報告ということで、C++版Cities BoxにもBGMの再生機能を実装したよというお知らせとともに、

一応ちゃんと活動再開してますよアピールをしておこうと思います。

今日から活動再開します!とか宣言してから一週間、全く更新してませんでしたからね。申し訳ございません。

 

BGMはHSP版と同様にただ延々と再生されるだけなので特に動画などは撮っておりません。

これまでと同様にランダムに再生されます。同じ曲は2回続けて再生しないようにしてあるのも同様です。

ただ一つだけ違う点と言えば、まだ「イベント発生時だけ再生するBGM」を実装していない点ですね。

例えば、HSP版では天気が雨のときだけジュ・トゥ・ヴーという曲が再生されていました。

また、予算パネルを開いて赤字なら弦楽セレナーデが、黒字ならまたジュ・トゥ・ヴーが再生されていました。

街の人口が5000人未満のときだけピーターと狼の再生が可能で、

5000人以上のときだけ「都会の夜明け」というフリーBGMが再生可能でした。

(※Cities BoxのBGMに使われている楽曲は全て著作権切れやフリーBGMなど、再配布しても問題ないと確認したものです)

 

これらは今までは、ファイル名に直接再生可能な条件を記述することで識別していました。

例えば街の人口が5000人未満のときだけ再生可能な「ピーターと狼」は[less_5000]peterwolf.mp3というファイル名で、

この[less_5000]で「5000人未満のときだけ再生可能ですよ」ということをプログラムに伝えていたのでした。

 

でも、正直、この機能の実装がめんどくさい!

できなくはないですけど、ファイル名から条件を切り取って、更に人口の数値まで切り取るなんて煩わしいことはしたくないんです。

だから、設定ファイルをBGMファイルと同じディレクトリに置いて、そこで条件を指定させようと思います。

その実装は今後行います。

 

最新版はいつものリポジトリのmac_developに上げてあります。

現在のところMacのみでWindows版では対応してません。近日中にWindows版にも反映させます。

リンク先からダウンロードすることも可能ですが、まだC++版のアップデータが実装されていませんので、

Gitをインストールしてリポジトリをクローンすることをおすすめします。

Leave a Reply