Cities Box Ver.1.6.0を公開しました

with コメントはまだありません

お久しぶりです。またまた更新に間が空いてしまい、申し訳ございませんでした。

さて、本日、5ヶ月ぶりにCities Boxを更新しましたのでお知らせいたします。

これまた更新に間が空いてしまい、申し訳ございませんでした。

 

今回の変更内容は、以下のとおりです。

オートセーブ機能を実装
人口など都市データの履歴の保存を実装
更地では詳細ダイアログを表示しないように修正
情報パネルで、男性人口と女性人口が0人になる問題を修正
住民が死亡した際に、性別データにも反映されるように修正
0歳児の出現率を低下
住民データ関連の問題を修正
ニュースがときどき空白になる問題を修正
建設回数制限付きのアドオンが上限に達していないのに建設できない問題を修正
道路を引いた直後に、工事中の道路が描画されない問題を修正

なにやらいつもより多めですが、ほとんどバグ修正です。

気づいてなかったバグが、これほどあったんですね。

新しい機能としては、上の2つ。

 

まずはオートセーブ機能から。

その名の通り、自動でマップデータを保存してくれます。

Cities Boxのオートセーブ機能は、マップ上で毎月1日になったときに自動で保存します。

オートセーブで保存したファイルは、Cities Box.exeがあるフォルダの下にある「auto_save」というフォルダに、

「○○(都市名)_autosave.cbd」という名前で保存されます。

 

オートセーブ機能はオフにすることも可能で、起動時の設定の「一般設定」や、

ゲーム中に「マップ設定」から設定を変更できます。

 

2つ目の「人口など都市データの履歴の保存を実装」は、要は人口をはじめとする都市のデータを、

毎月1日に外部ファイルに保存する、ということです。

どこに保存されるかというと、「data」フォルダの「statistics.dat」に保存されます。

このファイルが何に使われるかというと、現時点では何にも使っていません。

今後、近日中に都市の人口などの推移が見られるようなグラフを実装しようと思い、そのためにこの機能を作りました。

 

ダウンロードしたい方はこちらからお願いします。

Leave a Reply