久々にCities Boxを更新しました

with コメントはまだありません

スクリーンショット 2018-01-27 21.58.23

本日、23日ぶりにCities Boxを更新しました。といっても開発版ですが。

本日公開したVer 1.0.2.2(r104)では、

・調節間隔、描写間隔の設定に対応
・Windows版・macOS版のソースを一本化

といった内容が変更されています。

 

調節間隔とは何なのかというと、「道路の向きや住民のデータなどの数値の変更を行う間隔」のことです。

この作業は一回のターンにつき1列ずつ行っていますので、あまり間隔が短いと動作が重くなってしまいます。

そのため、デフォルト状態では2回のループで一回、数値の変更を行っています。

1にすると間隔が短くなり、3以上にすると間隔が長くなります。

 

どんなところに影響するかというと、一番目立つのは道路の向きです。

道路を引いた直後は、よほど高スペックなPC出ない限り、しばらくの間青い線が表示されると思います。

それは、「まだ道路の向きが決定されていない」ことを示しており、

マップ左上から順に処理が施され、向きが決定すると正常な道路が表示されます。

 

この「青い線が表示される」時間を短くしたければ1に、

CPU使用率などのパフォーマンスを重視したければ3以上にすればいいでしょう。

特に今のままで気にならなければ2のままでいいです。

 

描写間隔は、要は描写を行うループのwait時間です。

この値が大きいほどwait時間が長くなり、動作が遅くなる代わりにパフォーマンスが向上します。

デフォルト状態では16ですが、

調節間隔同様に、もっと早く動かしたければ数値を低くして、パフォーマンスを重視したければ数値を上げればいいです。

動作の早さはPCによってまちまちなので、ちょうどいい数値を探してみてください。

 

 

「Windows版・macOS版のソースを一本化」とは、

今まで別々になっていたWindows版、macOS版のソースコードを統一し、

アップデート作業を簡略化したということです。

もともと大した違いはなかったのですが、ところどころソースコードに微妙な違いがあり、

今まではmacOS版を更新する作業は少し不便でした。

改造が楽という利点があるほか、macOS版でも開発版のアップデートに対応できるという利点があります。

以前も書いたとおり、macOS版はWineskinを利用しており、

パッケージ内容を置き換えるだけでアップデートが完了します。

 

現在のところでは、OSはユーザーが設定で選択するといった感じになっています。

デフォルトではWindowsですが、macOS版はWine環境ですので、

基本的にどちらのOSでもお互いのOS版が利用できます。

Windows版でmacOS版を、macOSでWindows版を利用することもできるわけです。

あくまでもmacOS版は、mac向けに最適化しただけのバージョンで、中身は大体Windows版と同じですからね。

 

これではmacOS版の存在意義があまりありませんので、

次のアップデートあたりで、OSの自動検出を行おうと思います。

ですが、ここで問題発生。WineはMac / Linux上でWindowsと

ほぼ同じ環境での動作を実現するためのソフトウェアですので、

Macで動作させても、「動作OSはWindows NTである」、と嘘を吐きやがるわけですね。

これではWindowsで動作しているのか、Macで動作しているのか判別できません。

 

色々迷った末、検索したら、どうやらデスクトップのパスを検出することで

Windowsで動作させているか、Wine上で動作させているかを判別できるようです。

この仕組みを利用していきたいと思っています。

Leave a Reply