World Timepiece3.4を公開します

with コメントはまだありません

もう覚えている方はいないかもしれませんが、

5年前に公開した世界時計アプリ「World Timepiece」の更新版を公開します。

なぜ5年も間を空けて更新版を出すことになったかというと…

 

理由はこれです。現在時刻が合わない!何度起動し直しても合わない!

原因は何かと調べてみたら、時刻の取得元であるNICTがHTTPでの時刻APIのサービスを終了していたことが原因でした。

World Timepieceはたしかver.3.3あたりからNICTのサーバから時刻を取得するようにしていました。

 

現在でもNTPならNICTの時刻APIが利用できます。

たしかにHSP3でもNTPを使用する方法はあるんですが、めんどくさい!ということで急遽パソコンから時刻を取得する方式に戻しました。

ついでに時差が変更されていた都市があったので修正しておきました。

 

今後はGitHubで公開する方針ですので、過去バージョンも含めGitHubにpushしてあります。

もしご興味があれば使ってみてください。

ダウンロードはこちら

 

追記2:

GitHubからダウンロードするとデータファイルが破損してしまい起動できないという問題が発覚しました(ご報告していただいた方、ありがとうございます)。

OneDriveにアップロードしましたので、お手数ですがこちらからダウンロードをお願いいたします。

 

追記:

HTTPによる時刻API自体はまだサービス終了はしていないようです。

サービス終了をユーザに告知するために、毎月6日〜月末までの期間、サービスを停止しているようです。

https://jjy.nict.go.jp/httphttps-index.html

いずれにせよ、来年の3月末をもってサービスが終了しますので、必要な処置だと言えます。

Leave a Reply