Mac版Cities Boxのビルドについて

with コメントはまだありません

トップページのヘッダー画像を変更しました。

(変更前)

(変更後)

だって、Javaなんてまとも使ってないし、使えもしないのにJavaのプログラムを貼り付けておくなんておかしいじゃないですか。

そこでCities Boxのプログラムの一部を貼り付けておきました。ついでに実行画面の一部も画像に写しています。

もうちょっと見栄えをよくできないか試行錯誤してみたんですが、どうせもうすぐこのサイトも作り変えることになるし、まあいっか。

あ、サイトの作り変えについては、また後日詳しく書きます。

 

そんなことはどうでもいいんです。

今更気づいたんですが、GitHubのCities Box.cpp(C++で作り直してるプロジェクトのリポジトリ)のReadMeに、

Mac版Cities Boxのビルド方法について書いてませんでした。

※Windows版は問題ありません。

GitHubにはXcode用のプロジェクトファイル(Cities Box.xcodeproj)があります。

これをMacで開くと、Xcodeでプロジェクトが開かれ、ビルド可能な状態になります。…が。

 

実はGitHubに上がってるファイルだけではビルドできません。

OpenSiv3Dのライブラリやヘッダ等のファイルが必要です。

 

それはどこにあるのか。OpenSiv3DのHPにあります。

まずは、OpenSiv3D SDK v0.4.3 (あるいは最新版)のインストール > macOSから、

OpenSiv3D Project Templates for macOSをダウンロードしてください。

こちらはOpenSiv3DのXcodeプロジェクトのテンプレートのzipファイルになります。

ダウンロードが完了したら、zipファイルを解凍してください。

そして、includeとlibをコピー。

GitHubからダウンロード(またはクローン)したCities Boxの一番上のディレクトリにペーストしてください。

これで動くはずです。

なぜ別途導入が必要なのかといいますと、OpenSiv3D関係のファイルに膨大なサイズのものが含まれておりまして、

サイズ制限があるGitHubにpush(アップロード)できないんですね。

わざわざビルドしなくても、既にビルド済みのものが

xcode > Cities-Box > app > Cities-Box.app

にありますので、そちらから実行していただいても結構です。

 

Windows版のOpenSiv3DはSDKをインストールするタイプですので、

予めPCにOpenSiv3Dをインストールしておけば問題なくビルドできます。

 

GitHubで公開するファイルについては、今後減少するかもしれません。

OpenSiv3Dの環境さえ導入できれば、説明書と、ソースコードと、実行ファイルと、

その他必要なデータファイルだけ公開しておけば十分ですからね。

Leave a Reply