(お久しぶりです…覚えてますか…CitiesBoxです…)

with コメントはまだありません

またまた長い間更新が途絶えてしまい申し訳ございません。

管理人、無事生きております。

別に危機に晒されていたとかではなく、ただ開発する暇がなかっただけですが…

 

前回の記事で発表したCanopus OSの進捗報告は、また近いうちに別の記事で書こうと思います。

今日は、ほぼ忘れられているであろうCities Boxのお話です。

 

Cities Boxは今年の4月30日に開発が途絶え、それ以来更新していません。

つまり、平成で時が止まったままになります。

前回の更新内容は、「外部都市との接続」が主でした。

そしてそれは、外部都市との貿易に対応させるため、と以前記事に書きました。

 

しかし、よくよく考えてみれば、現状ただの箱庭ゲームであるCities Boxは、別に他の都市の貿易しなくても、何も困らない。

つまり、ゲーム性がないのです。これでは、貿易の必要性がありません。

ただ取引して、見えもしない食品や資材の取引量の数字が動くだけでは、ゲームとして面白くないでしょう。

ですから、貿易取引機能を実装する前に、「貿易するもの」を実装していこうというわけです。

 

まずは「電気」です。

Cities Boxには、発電所がありません。

現状では発電所がなくても、電線を引かなくても、どこかから謎の電力が生まれてくるわけです。

一つ一つの建物で自家発電でもしてるのでしょうか?これではあまりにも非現実的です。

そこで、近いうちのアップデートで発電所と電線を実装しようと思います。

電線については、普通の送電線と、今流行りの(?)電線地中化にも対応しようと思います。

送電線は安く、電線地中化は少しお金がかかるようにします。

あとは、電柱付きの道路があってもいいかもしれません。

 

次に「水道」です。

Cities Boxには、せっかく川や海があるのに、今ではただの飾りです。

そこで、川沿いに設置するポンプ場、地中から少しの量の水が出てくる取水塔、

そしてうんk…下水を清浄し海へ流す下水処理施設を実装します。

水道管については…作者自身、シム○ティやCities ○kylines で設置が面倒だった思い出しかないので、

道路の地下に標準装備ということにしようと思います。

 

他にも貿易するものはありますが、とりあえずは上に挙げた2つから実装していきます。

Leave a Reply