今日は特別に新しいOSの名前を公開するよ!

with コメントはまだありません

この前、本物のOSを作りたいと書きましたが、実は既にOSの開発を始めております。

いちいち「本物のOS」なんて呼ぶのも面倒なので、名前を決めました。

 

新しいOSの名前は、

Canopus OSです!

カノープス オーエスと読みます。

 

カノープスは恒星の名前から取りました。

りゅうこつ座を成す星の一つで、東京より南の地域で観測できます。

 

え?Canopusにした理由?特にないです。なんとなく響きがかっこいいからこれにしました。

 

ロゴも(Windowsのペイントで)作りました。

丸が2つ重なっただけの、目玉みたいな簡素なロゴです。

青い円が青白く光る恒星カノープスで、後ろのグレーの円でCanopusの「C」を表現したつもりです。

 

現在の開発状況もお見せしましょう。

今、こう思いましたね?

OSなのにアプリねぇじゃん~

てか、真ん中の矢印は何?もしかしてカーソルのつもりっすかw?

って。

 

お察しの通り、まだアプリケーションは一つもありません。

マウスカーソルが出てきて、それが動いて、キーボードが押されたら左上にキーコードが出てくるだけです。

もちろん今後アプリも作っていきます。

 

いまのところは、「30日でできる!OS自作入門」に記載されたプログラム通りに開発を進めており、

独自性がある点といえばUIを今っぽく(?)したのとマウスカーソルの色を黒にしたくらいです。

とりあえず本の通りに開発しつつ、少しずつ独自性を増やしていきたいと思っております。

 

あと、OSなのにWindowsのウィンドウに囲まれているのは、

Windows上で「QEMU」というプロセッサエミュレータを使ってCanopus OSで動かしているからであり、

決して「OSもどき」ではありません。

 

ちなみにOSは32bit OSになります。今、時代は64bitですが、この本が32bitが主流、というか

「32bitすげぇ~」って時代に書かれた本なので仕方ありません。

ちなみにこの本にはフロッピーディスクとかも出てきます。

余裕があれば64bit化もしてみたいですが、果たして可能なんでしょうか。

 

開発中のものはGitHubにて公開しています。

「30日でできる!OS自作入門」の筆者様は改造したプログラムの公開を認めておられるので、

公開しても問題はないはずです。

本に付属しているCD-ROMにOSのデータが入っていますが、

今回はOSに関するプログラムはすべて自分で(そっくりそのまま)打ちました。

https://github.com/YotioSoft/Canopus-OS

canopus.imgが本体になります。OSのインストールは不要です。

このimgファイルをVirtualBoxやVMwareで実行するなり、CD(非推奨)やフロッピーディスクに書き込むなりしてお使いください。

 

今後もCanopus OSともどもよろしくお願いいたします。

Leave a Reply