Cities Boxに地価の概念を導入します

with コメントはまだありません

SnapCrab_demand_R 100 Vacancies 15254 Total_Vagrants 0 マウス座標(4138) カメラ座標(-280830) add_rain-8 FPS33_2017-5-1_16-44-8_No-00

先日、Cities Boxのアルファ版に公園が登場したので、

そろそろ「地価」という概念を導入しようと思います。

 

簡単に言うと「地価」というのは土地の価格で、その土地にどれだけの価値があるのかを示します。

一般的に都会の便利な土地は高く、田舎では低くなります。

 

このゲームでは地価をどのように取り扱うかというと、

・交通が便利な土地(駅が近いetc.)は地価↑

・公園や学校などの公共施設が近いと地価↑(ただし刑務所やごみ処理施設の近くは地価↓)

・犯罪率が低いと地価↑、高いと地価↓

・工場が近いと地価↓

…という感じで、利便性によって地価が変動するようにします。

これは他の都市育成ゲームでも同じですが。

 

地価は需要度や市長への支持率などにも強い影響があり、

もしかしたら需要度よりこっちを先に実装するべきだったかも…

 

次に、どのように地価が増減するかを説明します。

例えば、建設すると地価が3増えてその影響を受けるマスが3マスの公園があったとします。

その公園を建設すると、公園を建設したマスの地価は3増えます。

そして、その公園に隣接する周りのマスの地価が2増えます。

最後に、更にそのマスに隣接するマスの地価が1増えます。

図で説明するとこんな感じ。

地価

 

もしも、その公園が建設すると地価が8増えてその影響を受けるマスが4マスの場合、

地価2

地価の増分 ÷ その影響を受けるマス ×(その影響を受けるマス公園を建設したマスとの距離

がそのマスの増分になります。

 

もし地価下げる建物(地価が3減ってその影響を受けるマスが3)を建てると、

地価3

分かりづらくて申し訳ないのですが、減る分が地価から引かれます。

Leave a Reply